子供が生まれて

img_0001

大切なことをただ大切に

ホームページをオープンしてから初めてのブログで、
何を書こうかなと考えていたら、ふと浮かんできた言葉。

 

8月に第一子が生まれてからは、自然と生活を変えていく自分がいた。

 

今までも、好きなように、やりたいことをやってきたし、
これからもそうしていくんだと思うけど、

子供が生まれて、感じるのは、

自分より優先したいと思える存在の大きさを

とても感じている。

 

そんな大きなことではないんだけど、
例えば食い意地が強い自分のこだわりとして、

”暖かいご飯を暖かいうちに美味しくいただく”

というのは、とても大切にしている。

その方が食材に対して感謝できるし、作り手に対しても誠意を見せられる。
(これは自分が料理人をしていた影響かもしれない)

そんな、自分を生きる上での大切なマイルールと言えるようなものが、
子供が生まれてから簡単に壊れていくのが面白い。

シンプルに、子供の食事の方を優先させたいと思う。
仮にご飯が冷めてしまったとしても、子供のことを優先させる。

そんな些細な変化を感じること自体が、
とても幸せなことなんだと思う。

ちなみに、”自分の子供だから当たり前でしょ”という考えは、
自分の中にはない。

 

誤解を恐れずにいうのであれば、子供が生まれても、
”自分の食事を大切にしたい!!”と思うのであれば、おそらくそうしている。
全ての親がそういうわけではないし、子供が生まれたから”こうなる”
なんてことはないけど、子供が生まれる変化はとても大きい。

 

そして、不思議なことに、

自分より大切にしたい存在が現れてからの方が、
より自分自身を大切にしたいと思えるようになった。

子供が生まれて、さらに人生で大きなチャレンジをすることになった。

それに関しては、また今度。

 

自分の子供を授かれるという奇跡、
自分も同じように親に育ててもらえたという奇跡。
日常を感じるといことは、生きるということに対する感謝であり、
簡単に人生を楽しめる最高のエンターテイメントなのかもしれない。

 

いつも支えてくれる奥さんと、
最高の幸せを与えてくれるこたちゃんに、感謝を込めて。

 

NO GENKI

NO LIFE.

 

 

 

PROFILEこの記事を書いた人

げんきくん(宮田亮介)
  • 株式会社GENKI代表取締役 / GENKI Artist。 1988年1月1日生まれ。神戸市在住。一児の父。 「人と地球を元氣にする」をテーマに、コンサルティング、ワークショップ、アーティスト活動を行う。Sound Soulsやメンタルモデルなどの手法をベースに、「思考と感情と魂の一致感」を出すことで、個人や組織が変革していくサポートをする。またGENKI Artistとして、人や場所の”神”を表現し、解放する活動も行う。