いのちの願いセッション〜虹色の手紙〜をやりたい想い

IMG_1353

僕はこれから〜4月までの3ヶ月で100人の人に、

 

【いのちの願いセッション〜虹色の手紙〜】を届けるというチャレンジを始めます。

 

内心ドキドキもあるし、恐れもあります。

 

「いのちの願いセッションってなんだよ?」みたいな風に思われているかもしれないし、

もしかしたら誰もそんなことを求めていないかもしれない。

 

でも、どうしてもやりたいから、

このチャレンジした先に見たい世界があるので始めます^^

 

かなり心がざわざわしているけど、

そのざわざわも自分にとって大切なことを気付かせてくれるので、

めんどくさくてもちゃんと味わいます☀︎

 

これから伝えたいことがまとまらなすぎますが、

それでもちゃんと想いを伝えたいと思います。

 

 

 

最初は、この【いのちの願いセッション】は、

『ライティング・セッション』という名前で1月はやっていました。

 

ぼくは以前、路上詩人で書き下ろしをしていて、

 

100日で1000人に書くというチャレンジを始め、

東京、福島、北海道で行い、

結果的には910人に書き下ろしをさせてもらいました。

 

 

初めて会った人が、自分が伝えた言葉で、

感動して涙を流してくれる。

 

そんなことは人生で経験がなかったので、

ぼくの人生に与える影響はとても大きかったです。

 

 

路上詩人自体は2年前のその3ヶ月ぐらいしかしていないのですが、

でもまたあの感動を味わいたいという自分もいました。

 

 

だから、また始めようと想い、

けど、今度は路上ではなく、

繋がりのある人から、1人1人丁寧に書きたいということで、

 

”ライティング・セッション”という名前で始めました。

 

色紙とか木版ではなく、

手紙というスタイルで。

 

IMG_1502

 

 

ただ、始めたはいいけど、

どこかしっくりこない部分があって。

 

 

 

今のぼくにとって、言葉を生み出すというのは、

なんだか当たり前過ぎて、特別感がなかったのです。

 

ぼくは変化を生み出し続けたいので、

同じことをすると飽きてしまうのです。

 

 

ただ、妻である佑佳ちゃんが、

 

「これは絶対にやった方がいいよ!!みんな求めている!」

 

と、熱く語ってくれる。

 

けど、明確にやりたい熱い想いもなく、

ただ、ご縁があった方数人に書かせてもらって、

書いた人はありがたいことに、

泣いてくれたり感動してくれたのは嬉しかったけど、

 

「自分はなんでやっているんだ?」

という想いがそこまでなかったので、

自分自身の心が震えていませんでした。

IMG_1675

IMG_1353

 

でも、なぜこれを始めたか、

理由がわかりました。

 

株式会社元氣堂の川端洋輔に、

このライティング・セッションをしているときに、

 

ああ、これは、目の前の人の【いのちの願い】を、

一緒に思い出して、形にしているんだなって。

 

ぼくにとって、今最も深い”GENKI”の定義は、

【いのちの願い】

 

いのちの願いとは、

自分の魂が最高にワクワクして輝いていること。

 

年末のあの奇跡の体験を、

一人でも多くの人と共有したいという想いがあって、

その為に、このライティング・セッションをしていたんだなって。

2016年の集大成〜GENKI Live〜@元氣堂

最初は、ぼくがインスピレーションで書いた手紙を元に、

セッションするという形をとっていたけど、こうじゃない。

 

相手が本当に願っていることに、全力で耳を傾け、語り、

笑い、問いかけ、共にそのいのちの願いを形にしたい。

 

だから、

いのちの願いセッション〜虹色の手紙〜

 

という名前にしたのです。

共にいのちの願いを生み出すための、セッションをしたい。

 

 

その仲間を増やすことで、

ぼくは去年の奇跡を、感動を、もっと違う形で、

味わい続けることができる。

 

その為に、

一人一人と深く繋がることをしたい。

 

いのちの願いをもった、仲間同士をつなげたい。

そこで、次の新しい物語を産みたい。

 

ぼくは、あの感動を、共有できる仲間を増やしたい。

 

いのちの願いは、自分自身の本当に深いところにある光。

 

それを思い出すには、色んな想いや葛藤や不安や恐れと向き合い、

乗り越えていくことが必要なんだと思う。

 

それを一緒に乗り越える仲間を増やしたい。

 

 

だからぼくは、これをやる。

 

一人一人のいのちの願いが集まったときに、

天の川の様に、キラキラ輝く道を作る、

 

『いのちの願い〜天の川プロジェクト〜』をするために。

 

 

是非、一緒にいのちの願いを解放しませんか?

 

いのちの願いセッション〜虹色の手紙〜

 

 

NO GENKI

NO LIFE.

 

PROFILEこの記事を書いた人

げんきくん(宮田亮介)
  • 株式会社GENKI代表取締役 / GENKI Artist。 1988年1月1日生まれ。神戸市在住。一児の父。 「人と地球を元氣にする」をテーマに、コンサルティング、ワークショップ、アーティスト活動を行う。Sound Soulsやメンタルモデルなどの手法をベースに、「思考と感情と魂の一致感」を出すことで、個人や組織が変革していくサポートをする。またGENKI Artistとして、人や場所の”神”を表現し、解放する活動も行う。